上桂川対策特別委員会。。。

少し前の報告になりますが、5月26日(木)午前10時から、上桂川対策特別委員会の現地視察に出かけました。

西口委員長は今までにもこの委員会で活動を続けてこられているので、計画の進み具合や今後の課題など、よくご存知です。私は初めてでしたので、市役所の担当さんからの説明を聞きながら「なるほど…」と思うことが多くありました。

保津川両岸のこの広大な敷地を今後どのように利活用していくか、前提としては遊水地としての機能を優先させてのこととなります。

現場に身を置いてみると、「あー、こんなことはどうやろう?」とか、「あんなことにもいいのんちゃうの?」とアイデアらしきものは浮かんできますが、地元の方々がお考えのこととも重なっているようです。地元保津町の自治会では「すいたんプラン」という計画を立てておられます。様々なゾーンを設定した、夢のある計画のようです。

また、これとは別にフットボール専用の競技場を、というプランもお聞きしますが、正直、今の段階では僕はあまり良いイメージとして浮かんできません。もう少し具体的なものを聞いてみればイメージが変わるかもしれませんが。

「駅まえ」、「ウォーターフロント」、「自然」、「家族」、「スローライフ」、「笑顔」…こんなキーワードがピタっとハマる、そんなエリアにしていきたい、と今は感じています。

いよいよ明日からは定例会です。