まちづくり勉強会。。。のおしらせ

15日未明から激しく降った雨は亀岡市内の各所に大きな被害をもたらしました。

私の住むあたりでも河川の氾濫により床上浸水や床下浸水など大きな被害が出ました。ご高齢の方でも「今までこんな経験はない…」とおっしゃるほどの豪雨だったようです。

雨雲レーダーで見てみると、本当に局地的に雨雲が発生したことがわかりますが、同じ亀岡市内でもさほど影響を受けなかったところもあったり、大自然のこととはいえ、本当にどこで何が起こるかわからないということです。

3.11以降今日までの間に全国各地で発生した災害に何を学ぶか、その辛く悲しい経験をどう活かしていくのか。。。我々には学ぶべきものがたくさんありました。行政も自らが設定した防災計画に則り動いていたのだと思います。被害状況の把握など混乱した状況の中、計画通りの行動ができたのか、今後の検証により明らかにしておかなければならないことだと思います。

地元の自治会や消防団等地域住民の方々の機敏な動きも大きな力でした。被害はおおきかったのですが、大きな混乱を防げたのは地域の方々の動きだったと思います。

もちろんこのようなことは今後ないことを願いますが、万一のことを考え、しっかりと検証と改善に取り組んでいきたいと思います。

 

さて、お知らせです。

来週7月23日(月)と24日(火)の2日間、地域再生プランナーの「久繁哲之介」先生をお招きし『まちづくり勉強会』が開催されます。

http://kameoka.org/20120723hisashige.pdf

23日(月)は市職員有志の勉強会グループ主催で、18時30分から市民ホールで、

24日(火)は亀岡駅前開発推進協議会の主催で、19時から追分町自治会館(京進向い)で

開催されます。どちらの会場もどなたでも参加いただけます。講演会は無料です。

今後の私たちのまちをどのようにしていきたいか、自分達で考えるキッカケになるのではないかと思います。ぜひ皆さんご参加ください。