平成25年3月定例会が始まります。。。

暦の上ではもう春、暖かな陽射しが差し込む日が増えてきましたが、一転雪が舞い散る日になったり・・・
三寒四温を繰り返し春に近づいていくのですが、この間は寒暖の差も激しく体調管理が大変な時期です。
皆さまもどうぞ体調管理にはお気をつけください。

さて、3月4日より亀岡市議会3月定例会が始まります。
59議案が上程され、3月28日の採決に向け審議が行われます。

この3月定例会の中心は何と言っても平成25年度の当初予算審議ということになります。
亀岡市議会では13名の議員で「予算特別委員会」を編成し、集中審議を行うことになっています。

市の提案する25年当初予算案ですが、
一般会計321億3,800万円(前年度比7.7%減)、
特別会計271億2,464万円(前年度比1.4%減)の
合計592億6,264万円(前年度比4.9%減)という規模になっています。

新聞などを見ていますと、府内の近隣自治体などは「過去最大規模」の予算編成をしているところが目に付くのですが、亀岡市の場合昨年の予算が特殊事情により膨れ上がっていたため、前年比ではマイナスとなっていますが、その事情を除けば例年並みに戻ったというところかと思います。

3月4日に市長から提案理由説明を受け、7日から3つの常任委員会で審議が始まり、14、15日には代表質問が、15日の午後から18日にかけて一般質問(個人)が行われます。
尚、この定例会では議会改革の一環として16日(土)も議会を開会しますので、ぜひ議場に足をお運びいただくか、インターネットでの中継をご覧いただければ、と思います。
詳しい日程は、

http://www.city.kameoka.kyoto.jp/gijichousa/shise/gikai/nitteoshirase/nitte.html

でご覧いただけます。

私は今年は予算特別委員会には入らないので、予算審議に直接関わることはできないのですが、会派の同志にしっかりと思いを伝えていきたいと思います。

そして最後に、ご報告です。

議員活動開始から2年間、議員10名で構成された「改革かめおか」の一員として活動してまいりましたが、この2月より同志4名で新会派「清流会」を組織し活動していくことと致しました。

「改革かめおか」在籍中には先輩諸氏より様々貴重なご指導をいただき、本当にありがたく思っております。
今後は新たな同志と共に、初心に立ち返り活動してまいります。
今後とも温かいご支持ご支援を賜りますようお願い申し上げます。